×

CATEGORY

HOME»  海鮮を通販でお届けする株式会社隆勝丸のお役立ち情報»  【岩手】ホタテの種類や養殖ホタテの特徴

【岩手】ホタテの種類や養殖ホタテの特徴 殻付きのホタテをお探しなら

我々が「ホタテ」と呼んでいる貝の中にはもちろんホタテガイもありますが、ほかにも多くの種類の貝がホタテとして取り扱われております。また、ホタテの養殖方法は「地蒔き方式」「垂下方式」「耳吊り方式」の3つが主流ですが、それぞれの養殖方法で育てられたホタテは特徴が異なります。

こちらでは、岩手県の三陸海岸でホタテの養殖を行っている株式会社隆勝丸が、ホタテの種類や養殖ホタテの特徴について紹介します。

ホタテの種類を紹介

殻付きの新鮮なホタテ

一般的に「ホタテ」として取り扱われる貝は、世界中で300種類以上あると言われています。ホタテガイはもちろんのこと、ヒオウギガイやアズマニシキガイなどもホタテとして取り扱われることがあります。

ヒオウギガイはまるで染色したかのようなカラフルな色合いが特徴で、色合いを除けばホタテガイにそっくりですが、ホタテガイのように海中を泳ぐことはなく、足糸(そくし)で岩礁に固着しています。

アズマニシキガイはホタテをミニサイズにしたような形状をしており、「ベビーホタテ」として販売されていることが多いです。

ここまで挙げた貝以外にもタイワンシゼツホタテやジェームズホタテガイ、ヨーロッパホタテガイ、イタヤガイ、アカザラガイ、ツキヒガイなどがあり、ホタテの種類は非常に多岐にわたることが分かります。

株式会社隆勝丸では、岩手県三陸海岸で養殖したホタテを販売しております。取り扱っているのはホタテの稚貝(ホタテラーバ)から育てたホタテガイであり、殻付きの新鮮な状態でお届けいたします。送料無料の商品もあるので、岩手産の美味しいホタテをkg単位でお求めの場合は、ぜひ株式会社隆勝丸にお問い合わせください。

養殖ホタテの特徴とは?

養殖ホタテ

養殖ホタテの特徴はホタテがどのように養殖されているかによって異なり、ホタテの養殖方法は「地蒔き方式」「垂下方式」「耳吊り方式」の3つに大きく分類されます。

北海道の噴火湾や東北地方では、垂下方式や耳吊り方式での養殖が主流です。これらの方法ではホタテを海中に吊るす形で養殖するため、ホタテが砂をかまずに済んで身も柔らかくなります。

地蒔き方式のホタテは貝柱の主張が強いので、刺身用や干物として出回ることが多いですが、垂下方式や耳吊り方式のホタテは身が柔らかいので、ボイル用などとして流通することが多いです。

株式会社隆勝丸では、岩手県三陸海岸の豊かな環境でホタテの養殖を行っております。耳吊り方式で育てられたホタテは、貝柱の厚みも身の甘みも一級品です。通販の際は、殻付きの新鮮な状態でお届けします。

貝毒検査をクリアしたものしか販売していませんので、安心してお召し上がりいただけます。美味しくて身の締まった養殖ホタテをお探しの場合は、ぜひ株式会社隆勝丸の商品をご検討ください。

岩手の美味しい養殖ホタテをお求めなら株式会社隆勝丸の通販を 殻付きのホタテを販売

ホタテにはいろいろな種類があり、我々がホタテとして食べている貝は実はヒオウギガイだったりアズマニシキガイだったりする可能性があります。

養殖ホタテは「地蒔き方式」「垂下方式」「耳吊り方式」といった方法で養殖されており、養殖方法によってホタテの特徴にも違いが出ます。身が柔らかいホタテをお求めであれば、「垂下方式」「耳吊り方式」で育ったホタテをおすすめします。

株式会社隆勝丸では、耳吊り方式で養殖したホタテを販売しております。貝柱の厚みも身の甘みも一級品のホタテなので、バター焼きや炊き込みご飯など様々な方法で美味しくお召し上がりいただけます。

殻付きの新鮮な状態でお届けいたしますので、刺身にしても絶品です。岩手の豊かな自然環境で養殖された美味しいホタテをお求めの方は、ぜひ株式会社隆勝丸の通販をご利用ください。

岩手の殻付き養殖ホタテをお探しの方は株式会社隆勝丸へ

会社名 / ショップ名 / 販売業者 株式会社隆勝丸
代表 / 販売責任者 平子 昌彦
住所 〒027-0096 岩手県宮古市崎鍬ヶ崎15-5-1
TEL 0193-65-7910
FAX 0193-65-7910
メールアドレス info@ryushomaru.co.jp
ホームページURL https://www.ryushomaru.co.jp
営業時間 8:00~17:00
定休日 土・日曜日、祝日
駐車場 有り(4台)
取扱商品 ホタテ、ホヤ、アワビ、ウニ

CONTENTS

CATEGORY